掃除は不用品は捨てて使えるものは回収してもらうのがコツ

ふと思い立って家の片付けを始めました、いろいろといじりだすうちに収拾がつかなくなってきました。不必要なものを倉庫の中に入れようと思ったところ倉庫の中が不用品だらけでどうしようも無い状態でした。これは一日で片付けるのは無理だと判断しまず不用品と必要なものをわけて業者に回収してもらうことにしました。不用品の回収は自治体にも頼めますしリサイクルショップなどでもしてもらえるでしょうがろくなものは無いので値段はつかないでしょう。

倉庫内の不用品をとりあえず回収してもらって倉庫内はすっきりしました。不思議なもので一度綺麗に片付けて広くなったらもう物を入れたくない気分になってしまいました。次に室内の片付けなのですが、実際出来ることといえば片付けるというよりも捨てるしかないような状態で服や本などは一度倉庫に入れてしまうともう使えなくなってしまうため室内に置いておくしかないのです。室内において置けないとなると捨てるしかないのです。

実際、以前に本を倉庫に沢山置いておいたことがあるのですがもうダンボール程度の保存状態ではカビだらけになっていたり虫がついていたりでもうとても読めるような状態ではなかったのです。結局数年の長期にわたって倉庫のスペースを潰していた本は捨てるしかなかたのです。倉庫というものは実際屋外よりはまし程度で考えていた方がよいようです。分かったことは、できるかぎり不用品は捨てるという事が片付ける一番の方法です。使えるものはリサイクルショップなどに回収してもらえるとよいのですが。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 掃除は不用品は捨てて使えるものは回収してもらうのがコツ
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]